ユーザーマニュアル | 音声の設定 | 業界初P2P通信方式の企業向けテレビ会議システム ソーバミエルカ

ユーザーマニュアル > 音声の設定方法

音声の設定方法

ここではSOBA mierukaでのマイク・スピーカの設定方法を解説します。

まずはお手持ちのヘッドセットまたはマイク・スピーカをPCに正しく接続してください。

ミニピンジャック接続タイプの場合はマイク端子とスピーカ端子を間違えないように挿して ください。USBタイプのヘッドセットをご利用の場合は、あらかじめヘッドセットのマニュアルに従い、 ドライバをインストールするなどしてヘッドセットを使用可能な状態にしてPCに接続してください。

画面イメージ

まずはセッションへ参加、あるいはセッションを作成してください。

参加できたら、上図のように画面右下の「設定」ボタンをクリックしてください。

スピーカの設定方法

画面イメージ

設定ツールが表示されたら「スピーカ」タブをクリックし、スピーカの設定画面に切り替えます。

使用する再生デバイスを選択します。(マウスで選択して反転させます。)

※デバイスが表示されない場合は「リスト更新」をクリックします。

「音声再生」ボタンを押すとサンプル音声が再生されます。確認できたら停止して「このスピーカを使用」をクリックします。

正常に動作している状態なのに音が聞こえないときは、スピーカがミュート(消音)か、音量が最小になって いると考えられます。Windowsnの「コントロールパネル」(または右下のスピーカーのアイコンを右クリック)→「サウンド」→「再生」→「プロパティ」→「レベル」で確認します。

※「Windows規定のデバイス」を確認する場合も同様にしてWindowsのサウンドの設定ダイアログを表示してください。

設定が完了したら「適用」をクリックしてください。次はマイクの設定です。

マイクの設定方法

画面イメージ

設定ツールのタブをスピーカから「マイク」に切り替えます。

使用する録音デバイスを選択します。(マウスで選択して反転させます。)

※デバイスが表示されない場合は 「リスト更新」を押します。

「テスト」ボタンを押して、実際にマイクに向かって話しかけ、音量バーが音声に反応していることを確認 します。確認できたら中止して 「このマイクを使用」をクリックします。

エラー発生の警告が出ていないのに全く反応がない、反応が小さいときは、マイクがミュート(消音)か音量 が最小になっていると考えられます。 この場合Windowsnの「コントロールパネル」(または右下のスピーカーのアイコンを右クリック)→「サウンド」→「録音」→「プロパティ」→「レベル」で確認します。

※「Windows規定のデバイス」を確認する場合も同様にしてWindowsのサウンドの設定ダイアログを表示してください。

設定が完了したら「OK」をクリックして、カメラ・スピーカ・マイク全ての設定は終了です。