ユーザーマニュアル | インストール方法 | 業界初P2P通信方式の企業向けテレビ会議システム ソーバミエルカ

ユーザーマニュアル > インストール方法

SOBA mierukaのインストール

ユーザー登録が完了後、SOBA mierukaクライアント(接続ソフト)のダウンロードを行います。接続ソフトは、こちらからダウンロードできます。(リンク先ページの左下部、「ダウンロード」ボタンを押してください)ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると下図のような画面が表示されます。

画面イメージ

ここではインストール時に使用する言語を選択します。 通常、日本語を選択し、「次へ」をクリックして次へ進んでください。 すると、下図のような画面が表示されます。

画面イメージ

問題がなければ「次へ」をクリックしてください。次に下図のような画面が表示されます。

画面イメージ

※この項目は、Windowsのバージョンによっては表示されないこともあります。これには、SOBA mierukaをご利用になられる際の利用規約が書かれています。 よくお読みになり、同意されるなら使用許諾契約の全条項に同意しますにチェックをいれて 「次へ」をクリックしてください。

画面イメージ

※この項目は、JAVA実行環境が正しく導入されている方には表示されません。 JAVA実行環境1.5.0.09がインストールされていない場合、JREのインストールが自動的に開始されます。 「OK」をクリックしてください。

画面イメージ

※この項目は、JAVA実行環境が正しく導入されている方には表示されません。 「OK」をクリックするとJAVA実行環境のインストールが始まります。 よろしければ「OK」をクリックしてください。

画面イメージ

※この項目は、JAVA実行環境が正しく導入されている方には表示されません。 JAVA実行環境を利用する前に、利用規約をよくお読みください。 標準設定 - 推奨されるすべての機能がインストールされます。。にチェックが入っていることを確認して 「同意する」をクリックしてください。

画面イメージ

※これでJAVA実行環境のインストールが完了しました。 「完了」をクリックして、引き続きSOBA mierukaクライアントのインストールを進めてください。

なお、JAVA実行環境のインストール後に「再起動してください」とダイアログが表示される場合がありますが ここでは必ずいいえを選択して、SOBA mierukaクライアントのインストールを続行してください。 再起動は全てのインストールが完了してから行ってください。

画面イメージ

インストール先フォルダに問題が無ければそのまま「次へ」をクリックしてください。 インストール先フォルダを変更する場合は「参照」をクリックしてインストール先フォルダを選択してください。

画面イメージ

プログラムファイルのコピーを開始するための情報が表示されます。 問題が無ければ「次へ」を、変更をを必要とする場合は「戻る」を押してください。 「次へ」を押すとプログラムファイルのコピーを開始します。

プログラムファイルのコピーが終了すると、アプリケーション共有機能を使用するためのドライバをインストールします。 下の画面が表示されるまでしばらくお待ちください。

画面イメージ

「続行」をクリックするとアプリケーション共有機能のインストールを開始します。 画面がチラつくことがありますが故障でもトラブルでもありませんのでご安心ください。

画面イメージ

無事、インストールが終了しました。 ここで再起動を求められたら必ずWindowsを再起動してください。

以上です、お疲れ様でした。