ユーザーマニュアル | デジタルビデオカメラによる高画質映像配信 | 業界初P2P通信方式の企業向けテレビ会議システム ソーバミエルカ

  • HOME
  • > サポート
  • > ユーザーマニュアル
  • > デジタルビデオカメラによる高画質映像配信

ユーザーマニュアル > デジタルビデオカメラによる高画質映像配信

デジタルビデオカメラの設定手順

Webカメラ以外にも、市販のデジタルビデオカメラやネットワークカメラ等をソフトウェアエンコード対応のUSBビデオキャプチャユニット を使って、高画質な映像配信が可能です。

※カメラに同梱されている一般のUSBケーブルは画像ファイルの取り込み用でストリーミング映像の取り込みには対応していません ので、ビデオキャプチャユニット(別売)が必要です。音声の取り込みは別途マイク機器を使用します。

一例として 「I-O DATA GV-USB2」を使った設定例をご紹介します。

I-O DATA GV-USB2

①まずは、USBビデオキャプチャー 「I-O DATA GV-USB2」 のドライバをインス トールします。付属のCD-ROMから「自動インストール」をクリックします。   「開始」をクリック後、指示が出たらパソコンにキャプチャーをつなぎます。   詳しくは製品の取扱説明書(P.5使えるようにする)をご参照ください。 

デジタルビデオカメラ LightCapture

②インストール完了後にデジタルビデオカメラをつないでカメラの電源を入れます。 付属ソフトの「LightCapture」(デスクトップ上のショートカットから起動します)   で画面が表示されるのを確認し、必ずソフトを終了させた後に、設定ツールで   確認してください。

③デバイスマネージャ上では「GV-USB2、Analog Capture」として認識されます。   SOBA mieruka の設定では、以下のように設定します。
  ・「GV-USB2、Analog Capture 」を選択 ( [このカメラを使用] )
  ・設定値の変更~高画質の推奨設定
   フレームレート: 30 / 解像度: 720×480 /送信スピード: 500000(500K) ~ 1000000(1M)bps
  ・最後に [適用] をクリックします。

I-O DATA GV-USB2

デジタルビデオカメラのハイビジョン方式には対応していないため、カメラ本体の録画モードをフルハイビジョンに していると映像が正常に取り込めない可能性があります。 録画モードをSPモード(標準モード)またはLPモードを選択 してください。
★フレームレートは15か30 を選択してください(20、25は正しく表示できません)
★利用できる解像度は352×240/360×240/704×480/720×480 の4種類
        (その他の設定値は正しく表示できません。)

★動作確認済み機器
・Princeton デジ造映像版 PCA-DAV3
・SKNET MonsterX Live(SK-MVXL) ※HDMI入力対応