よくある質問 | 映像の設定 | 業界初P2P通信方式の企業向けテレビ会議システム ソーバミエルカ

映像の設定方法

映像の設定方法

ここではSOBA mierukaでのウェブカメラの設定方法を解説します。

まずはお持ちのウェブカメラのマニュアルに従い、カメラのドライバを正しく導入してください。 ドライバの導入が終わりましたら、以下の解説へお進みください。

画面イメージ

まずはセッションへ参加、あるいはセッションを作成してください。

参加できたら、上図のように画面右下の「設定」ボタンをクリックしてください。

画面イメージ

次にカメラ画像送信のタブを開きます。 ここで、使用可能なデバイスが複数存在する場合、一番上に表示されているものが有効となります。 画面右上の「上へ移動」「下へ移動」を使って、使用したいカメラデバイスを一番上に設定しましょう。

何も表示されない場合は、ドライバのインストールに失敗しているか、SOBA mierukaにログイン後にカメ接ラを続しています。

カメラは必ずSOBA mierukaにログインする前に接続してください。

設定が完了したら「OK」をクリックしてください。

画面イメージ

すると、上図のようなダイアログが出ますので「はい」をクリックしてSOBA mierukaを一度終了してください。

画面イメージ

「いいえ」をクリックした場合にはSOBA mierukaは終了されず、設定の変更も適用されません。 その場合に変更を有効にするためには、一度セッションからログアウトするか、タスクトレイのSマークを強制終了させる必要があります。

セッションを終了するだけでは設定変更は有効になりません。

以上の設定で、次回セッションに参加(あるいは作成)した際に、変更が適用されます。 SOBA mierukaにログインして設定変更が正しく反映されていることを確認してください。