よくある質問 | アプリ共有の使い方 | 業界初P2P通信方式の企業向けテレビ会議システム ソーバミエルカ

アプリ共有の使い方

アプリ共有の使い方

ここでは「アプリケーション共有ツール」(以下:アプリ共有)について解説します。

まずは、セッションへ参加(作成)してください。

参加できたら、セッションウィンドウのツールアイコンエリアから「アプリ共有」をクリックしてください。

画面イメージ

ツールアイコンエリア

アプリ共有をクリックすると下のようなウィンドウが表示されますのでアプリケーション選択をクリックしてください。

画面イメージ

アプリ共有

すると、下のような「共有設定ダイアログ」に現在Windowsで実行されているアプリケーションが表示されます。

画面イメージ

共有設定ダイアログ

表示されたアプリケーションの中からセッションで共有したいアプリケーションを選択します。 次に、右下の「画面と操作を共有」を選択してください。 最後に「適用」をクリックすると、選択したアプリケーションの共有が始まります。

下の図は操作側の表示です。 100%,75%,50%のボタンを操作することで共有したアプリケーションが相手に表示される際の倍率の変更ができます。 ボタンを押すと、変更はダイナミックに適用されます。

画面イメージ

アプリ共有

アプリ共有では、他のメンバーも共有されたアプリケーションを操作することができます。他のメンバーがアプリケーションを操作したいときには、下図にある、「操作要求」というボタンをクリックしてください。

画面イメージ

アプリ共有

すると操作側には下のように操作を要求しているメンバーの名前とタイムゲージが表示されます。 タイムゲージは時間の経過とともに少しずつ減っていき、一定時間でなくなってしまいます。 ゲージがなくなってしまうと、参加要求は却下された判断されます。 ゲージが残っているうちに参加を要求しているメンバーの名前をクリックすると、共有されているアプリケーションの操作権はその人に移動します。

画面イメージ

操作権を得たメンバーは、まるで自分のデスクトップで使用しているかのように、共有されたアプリケーションを自由に操作することができます。操作権は操作権返却のボタンを押すもとの所有者が画面をクリックすることでもとの所有者へと戻ります。