利用規約 | 業界初P2P通信方式の企業向けテレビ会議システム ソーバミエルカ

利用規約

第一章(総則)

第1条(総則)

  1. このSOBA mieruka利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社SOBAプロジェクト(以下、「弊社」といいます。)が運営、提供するポータルサイト「SOBA mieruka」(以下、「本サービス」といいます。)の利用に対して適用されます。本サービスをご利用されることによって、本規約の内容を承諾いただいとものとみなします。
  2. 弊社が本規約とは別に定める「プライバシーポリシー」等の諸規定は、それぞれ本規約の一部を構成するものとします。
  3. 本規約の規定と前項の諸規定の内容が異なる、または矛盾する場合には、諸規定が優先して適用されるものとします。
    また、本規約の規定と前項の諸規定の内容が異なる場合、または矛盾する場合以外は、本規約と他の規約等とが重畳的に適用されるものとします。
  4. 弊社が本サービスのユーザー(以下、単に「ユーザー」といいます。)に対して発する第3条所定の通知は、本規約の一部を構成するものとします。

第2条(規約の変更)

  1. 弊社は、ユーザーの了解を得ることなくこの規約を変更することがあります。この場合に、本サービスの利用条件は、変更後の本サービス利用規約によるものとします。
  2. 変更後の規約は、弊社が別途定める場合を除き、本サービスのWebサイト上に掲示した時点より、効力を生じるものとします。

第3条(弊社からの通知)

  1. 弊社は、本サービスのWebサイトでの掲示や電子メールの送付、その他弊社が適当と判断する方法により、ユーザーに対し随時必要な事項を通知します。
  2. 前項の通知は、弊社が当該通知を本サービスのWebサイト上で行った場合はWebサイト上に掲示した時点より、電子メールで行った場合は電子メールを発送した時点より効力を発するものとします。

第二章(ご利用について)

第4条(ID・パスワードの管理義務)

  1. ユーザーは、ユーザー申込登録時に弊社が付与するID及びパスワードの使用及び管理について一切の責任を負うものとします。
  2. ユーザーは、ID及びパスワードを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買等をしてはならないものとします。
  3. ID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は、その一切をユーザー自身が負うものとします。
  4. ユーザーは、ID及びパスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることを知った場合には、直ちに弊社にその旨を直接的即時的手段により連絡するとともに、弊社からの指示がある場合にはその指示に従うものとします。

第5条(禁止事項)

  1. 本サービスのご利用に際して、以下の行為を禁止します。これらに違反された場合、弊社は当該ユーザーに対するサービスの提供を停止したり、以後のサービスの利用をお断りすることがあります。また、ユーザーの違反行為により弊社に損害が生じた場合は、ユーザーはその損害全てを速やかに賠償する責任を負うものとします。
  1. 弊社、他のユーザー、その他の第三者の権利、利益、名誉等を損ねる行為。
  2. 他人になりすましてサービスを利用する行為、虚偽の情報を入力する行為、その他の不正行為。
  3. 本サービスを利用して、相手の承諾なく、メールアドレスを含む個人情報を収集する行為。
  4. ねずみ講、チェーンメールや、勧誘メール、スパムメールの送信を目的とした行為。
  5. 法令に違反する行為。
  6. 公序良俗に反する行為。
  7. 本サービスを利用して、他社製品の著作権、知的財産権を侵害する行為。
  8. その他、弊社が不適切と認める行為。

第6条(知的財産権)

  1. 本サービス及び、弊社がユーザーに提供する情報は、著作権、商標権、特許権、もしくは他の知的財産権及び法律により保護されています。したがって、本サービスを利用するにあたり、ユーザーは以下の事項を認識しているものとします。これらに違反された場合、弊社は当該ユーザーに対するサービスの提供を停止したり、以後のサービスの利用をお断りすることがあります。また、ユーザーの違反行為により弊社に損害が生じた場合は、ユーザーはその損害全てを速やかに賠償する責任を負うものとします。
  1. 本サービスを通じて弊社がユーザーに提供する情報(映像・音声・文章・写真・ソフトウェアを含む)の財産権は、弊社に帰属しています。
  2. 本サービスで使用するソフトウェアを無断で解読、解析、改造することは、理由や手段の如何を問わず、できません。
  3. ユーザーは、本サービス及びソフトウェアを、一部あるいは全部を問わず、無断で複製、公開、貸与、転載することはできません。

第三章(本サービスの中断及び終了)

第7条(本サービス提供の中断)

  1. 弊社は、次のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの提供を一時的に中止することがあります。
  1. 本サービス用設備の保守または工事のため、やむを得ない場合。
  2. 本サービス用設備に障害が発生し、やむを得ない場合。
  3. 第一種電気通信事業者又はその他の電気通信事業者の提供する電気通信役務に起因して電気通信サービスの利用が不能になった場合。
  4. その他弊社がサービスの一時的中断が必要と判断した場合。

第8条(本サービスの終了)

  1. 弊社は、ユーザーに事前に通知することなく、ユーザーに対する本サービスまたは本サービスの一部を終了することができるものとします。
  2. 弊社は、ユーザーに事前に通知することなく本サービスを終了した場合でも、本サービスの終了に伴い生じる損害、損失、その他の費用の賠償または補償を免れるものとします。

第四章(保護)

第9条(通信の機密)

  1. 弊社は、本サービスの提供を通して知り得たユーザーの個人情報を次の各号の場合を除き、第三者に開示または漏洩しないものとします。
  1. 個人情報を適切に管理するように契約等により義務付けた業務委託先に対し、本サービスの提供のために必要な業務を委託する目的で個人情報を提供する場合。
  2. 本サービスのサービス向上等の目的で個人情報を集計及び分析等する場合。
  3. 本サービスに関わる部分の権利譲渡が行われ、譲渡先に対して法的に権利義務一切が引き継がれる場合。
  4. その他任意にユーザー等の同意を得た上で個人情報を開示又は利用する場合。
  5. 裁判所の発する令状、その他裁判所の決定、命令又は法令に基づき開示する場合。
  6. 検察、警察、監督官庁からの適法・適式な情報の照会があった場合。
  7. 弊社の権利、名誉等を守るために必要性があると弊社が判断した場合。

第10条(プライバシーポリシーの遵守)

  1. 弊社は、個人情報を適切に保護し、本サービスのWebサイト上に掲示するプライバシーポリシーを遵守します。

第11条(免責)

  1. 弊社は、本サービスの利用に関してユーザーが被った損害または損失等については、一切の責任を負わないものとします。
  2. 弊社は、本サービスの利用に際して、第2条(規約の変更)、第7条(本サービス提供の中断)及び第8条(本サービスの終了)があった場合に、ユーザーが被った損害または損失に対して、一切の責任を負わないものとします。
  3. 弊社は、ユーザーが本サービスの利用によって、他のユーザー又は第三者に対して損害を与えた場合または、他のユーザー及び第三者から被害を被った場合、その一切の責任を負わないものとします。
  4. 弊社は、ユーザーが本サービスを通じて他のユーザー、あるいは第三者から得る情報などについて、その完全性、正確性、確実性、有用性など、いかなる保障も行わないものとします。
  5. 弊社は、通信回線やコンピュータ等の障害におけるシステムの中断、遅滞、中止、データの消失、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他サービスに関してユーザーに生じた損害に対して、一切責任を負わないものとします。
  6. 弊社は、ユーザーが使用するいかなる機器、ソフトウェアについても、その動作保障を一切行わないものとします。
  7. 本サービスの利用の際に発生した、電話会社または各種通信業者より請求される接続に関する費用は、ユーザーが自己責任において管理するものとし、弊社はいかなる保障も行わないものとします。

第12条(損害賠償の請求)

  1. ユーザーが本規約に反した行為または不正、もしくは違法に本サービスを利用することにより弊社に損害を与えた場合、弊社は当該当該ユーザーに対し、相応の損害賠償の請求(弁護士費用を含む)を行う場合があるものとします。

第13条(準拠法)

  1. 本規約に関する準拠法は、日本法とします。

第14条(管轄裁判所)

  1. 本規約に関連する紛争について、その訴額に応じて、京都簡易裁判所又は京都地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第15条(附則)

  • 2004年10月22日

    制定・施行

  • 2004年12月30日

    改定

  • 2006年3月1日

    改定